古紙回収方法とは

一般家庭から企業、スーパーの古紙回収方法

古紙回収は企業やオフィスに限らず、環境保護のため一般家庭でもリサイクルを心がけ、再生紙として利用される事が増えています。
スーパーなどに設置されている、リサイクルステーションや回収ボックスを設置する事でコストを削減する事ができます。
また回収の依頼があった場合は、営業の人が回収する品を確認し量をチェックしたのち見積書を作成してくれます。
契約完了後に定期的に回収される場合は、回収日時に最適な車で回収に来てくれます。
その後選別や圧縮、梱包され製紙工場に運ばれ、溶かした原料で紙の繊維を集め再生紙を作ります。
紙は3回から5回再生する事ができるため、環境負担を減らす事ができます。
環境汚染に対する関心が一人一人高まれば、リサイクルに関する関心も変わるのではないでしょうか。

企業やオフィスの古紙回収方法

企業やオフィスの古紙回収では、どんな厳重なセキュリティー方法で機密書類を回収してくれるのかご紹介します。
ある企業では機密書類を最高基準のセキュリティーに処理しています。コスト削減や機密レベルに対応してくれるため、安心して機密書類の回収を任せる事ができます。
機密書類の回収には専用の車が回収してくれたり、回収車両には暗証番号を搭載した車両になっているため、盗難防止にもなります。
機密書類を処理する処理棟には指紋認証や個人を識別する機能がある扉があったり、セキュリティーを強化しています。
また防犯カメラや警備会社の24時間365日の監視があるなど徹底して管理もしています。
立ち合いや待合室があり、処理工程を見学したり、テレビ画面で確認する事もできます。


シェアする

B!