環境保護とは

回収にかかる金額の相場や見積書

企業やオフィスの古紙回収にかかる相場の金額をご紹介します。
回収業者によっても異なる為、様々な業者の金額を比較してみましょう。
古紙回収にかかる金額の内容は、まずはコピー用紙などの白紙、古紙の量です。
段ボール箱一箱につき何円という業者もあれば、キロ単位で計算されている業者もあります。
運搬トラックでは、トラックの運転手や作業員、回収する書類の量によって何トントラックが必要になるか、作業員が何人必要になるのかも金額が変わってしまいます。
機密書類の処理には、機密のランクに合わせて安くなったり、高くなったりします。機密が低いランクでは、個人情報はなく、パンフレットなどの通常書類になります。
また溶解処理の証明書が金額の内訳に入っている業者もあれば、証明書に1000円ほどかかる業者もあります。

回収業者の対応方法

古紙回収には業者との信頼が必要になりますが、それには業者の対応が適切であるか、早急な対応をしてくれるのかどうかも見極める事で業者選びに失敗しない方法と言えるでしょう。
例えば、見積もりをしてほしいのに問い合わせたら何日もかかっても連絡がなかった、回収の依頼をしても回収に来なかったなどのいい加減な業者はやめましょう。
そんないい加減な業者は作業体制が不十分で、機密書類などの取り扱いにも疑問をもってしまうでしょう。
また回収した書類を何日も放置され、野外にむき出しにされている可能性もあります。
機密書類や機密文書などが漏洩されてしまう可能性が高まってしまいます。
そのため、回収業者には適切で早急な処理をしてくれる回収業者かどうかは、しっかり確認してから回収してもらいましょう。


シェアする

B!