企業やオフィスにおすすめの古紙回収とそのポイント

企業やオフィスの古紙回収に関する情報

古紙回収業者とは

企業やオフィスで使う紙はコピーやパンフレットなど大量に出てしまいます。 使わなくなった書類やコピー用紙など、シュレッダーなどで処理して出てしまった古紙は、燃えるゴミとして捨てる企業やオフィスもあれば、業者を利用して回収して処理してもらうところもあります。

古紙回収ボックスとは

最近では環境問題で取り組む事が増えてきた古紙回収。 家庭内で出た古紙を回収ボックスに入れている方も増えてきているのではないでしょうか。スーパーやホームセンターなどに古紙回収ボックスを設置し、ボックスに入れる予定の古紙の重さに応じてポイントが付くシステムになっています。

環境保護とは

いらなくなった紙の回収をしなければ、ゴミとして燃やすか埋めるなどの処理をしなければいけないですが、それが環境にどんな影響をうけてしまうのか。 古紙は焼却せず回収し処理する事で再利用する事ができます。そのため森林保護にもなり森林伐採を減らす事が環境保護につながると言われています。

企業やオフィス

環境保護に関する関心や環境省の変更により、廃棄回収業が増えている事や成長していると言われています。
古紙回収業はトラック一台の運転と回収作業と営業は一人でも行う事ができるため、個人事業を始める方も多くいます。また数人から数百人と大きな企業もあります。
しかし、数ある業者の中から廃業に陥ってしまう企業もあるのも現状と言えます。
古紙回収業を本業にする企業は少なく、リサイクル業や、産業廃棄物と兼業する企業もあります。
古紙回収業には必要な免許や営業許可などはないものの、トラックが必要な場合には免許が必要になりますし、事業内容によっては移動式クレーンやフォークリフトの免許が必要不可欠になります。
一から古紙回収業を始めても、個人に委託される仕事は地方自体から回ってくることはないため、同業者の組合に入る事仕事を始められるだけじゃなく仕事のチャンスも増えるかもしれません。
また、一定の取引先が一般企業や印刷会社とまとまった古紙が回収できるように確保できるまでは、経営が成り立つまでには時間がかかるかもしれません。
また企業やオフィスによっては機密書類や個人情報の書類の回収を任される可能性もあるため、溶解処理や破砕処理をどうするかも考えなければいけません。
トラックや人件費、光熱費などの必要資金や、仕分け場所、売り上げや利益、協同組合に入っている場合には組合費が必要になるため、ビジネスプランも考えたうえで始める事をおススメします。